特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

スポーツ界で加速するロシア除外 IOCが強硬姿勢に転じた背景

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
 スイスのローザンヌにある国際オリンピック委員会(IOC)本部(ロイター=共同)
 スイスのローザンヌにある国際オリンピック委員会(IOC)本部(ロイター=共同)

 ウクライナに侵攻したロシアに対し、スポーツ界で国際大会から除外する動きが加速している。各国の選手らから非難の声が高まり、国際オリンピック委員会(IOC)と国際サッカー連盟(FIFA)は2月28日、当初の方針よりも厳しい措置に踏み切った。

 「平和の祭典」を掲げるIOCは24日、国連で採択された五輪休戦協定を破ってロシアがウクライナに侵攻したことを非難する声明を発表。25日にはロシアと侵攻拠点のベラルーシで予定される大会を中止するか、開催地を変更するように国際競技団体(IF)に要請したが、選手個々の国際大会に出場する権利は認めていた。しかし、28日に開いた理事会で急きょ、ロシアとベラルーシの選手と役員を国際大会から除外するようにIFや大会主催者に勧告することを決定した。

 FIFAも同様に「厳罰」に踏み切った。27日には…

この記事は有料記事です。

残り669文字(全文1032文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集