「ゼロカーボン」へ第一歩 尾鷲市宣言 7企業・団体と連携 /三重

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 尾鷲市の加藤千速市長は1日、地球温暖化などの気候変動を引き起こす温室効果ガスの排出を2050年までに実質ゼロになることを目指して「ゼロカーボンシティ尾鷲」を宣言した。市は「脱炭素社会」の実現に向け、日本郵政やIT大手の「ヤフー」など、県内外の七つの企業や団体と連携していくことも明らかにした。加藤市長は「100年後に美しい尾鷲を引き継いでいくた…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

あわせて読みたい

ニュース特集