連載

もっと社会人野球

毎週木曜日に新着記事を掲載。社会人野球の魅力を「もっと」伝えます。

連載一覧

もっと社会人野球

大阪桐蔭Vの強打者・山本ダンテ武蔵 大学での苦悩と復活、就職先は

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
4年春の東都大学野球リーグで、本塁打と打点の2冠に輝いた国学院大の山本ダンテ武蔵=神宮球場で2021年5月14日、西夏生撮影
4年春の東都大学野球リーグで、本塁打と打点の2冠に輝いた国学院大の山本ダンテ武蔵=神宮球場で2021年5月14日、西夏生撮影

 大阪桐蔭高の4番打者としてセンバツ優勝に貢献したものの、国学院大で長いスランプに陥った山本ダンテ武蔵外野手(21)。一度は一般就職を考え、野球をやめるか悩んだ。見つめ直した自身の打撃。今春、社会人野球の強豪・パナソニックに進み、飛躍を期す。

名前の由来は宮本武蔵と武蔵丸

 「結果を残せなければ野球をやめないといけない世界。自主練習への向き合い方など、選手一人一人の意識が高いです」

 1月中旬にパナソニックの練習に合流した山本。社会人野球ならではの緊張感を肌で感じつつも、その声は力強い。打撃練習や走り込みでは積極的に声を出し、雰囲気を盛り上げる。練習を見守る田中篤史監督は「今までのチームにいなかったタイプで、先輩たちも驚いているのではないか。既に新しい風を吹かせてくれています」と期待する。

 大阪桐蔭高3年時の2017年センバツでは4番に座り、5試合フル出場で打率3割3分3厘。決勝の履正社(大阪)戦では九回に適時打も放ち、主軸の責任を果たした。もっとも印象に残っているのは2回戦の静岡戦。一回表に6点を先取したが、その裏に追いつかれると、七回まで2点のリードを許す苦しい展開。それでも八回に逆転して勝利し、「後半負けていても大丈夫だという落ち着きが出てきた。チームとして成長できた一戦でした」と振り返る。

 米国人の父、日本人の母との間に広島県で生まれた。名前の「武蔵」は、父が好きだった剣豪・宮本武蔵と大相撲の元横綱・武蔵丸にあやかった。中学で所属した広島瀬戸内シニアで活躍して大阪桐蔭に進み、センバツ優勝で幼い頃からの目標を達成した。「自分の技術、野球に自信を持てた。大きく価値観が変わりました」と話す。

 国学院大に…

この記事は有料記事です。

残り1107文字(全文1818文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集