福岡がガンダムの聖地に? ファンも羨望、施設開業が相次ぐ理由

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「ガンダムパーク福岡」のイメージ=バンダイスピリッツ提供
「ガンダムパーク福岡」のイメージ=バンダイスピリッツ提供

 人気アニメ「機動戦士ガンダム」のエンターテインメント施設「ガンダムパーク福岡」が4月、福岡市内にオープンする。ガンダムのキャラクターが登場するゲームエリアなどを備えた日本初の体験型のガンダム施設だ。福岡市内にはすでに、国内に5店舗しかないガンダム専門店が存在。半径約2キロにガンダムの施設が二つ立地する全国でも珍しい街となる。ガンダムファンからは羨望(せんぼう)の声が上がるが、なぜ福岡なのか。

 ガンダムパーク福岡は、2022年4月に開業予定の商業施設「ららぽーと福岡」(福岡市博多区)に入居。店舗面積は約4700平方メートルで、全国のガンダム施設としては最大級となる。屋外には、シンボルとして国内最大のガンダム立像も設置する。

 「パーク」の最大の特徴は、ゲームなどの体験型エリアを設けたことだ。大画面でプレーするスポーツゲームを集めた施設「VS PARK WITH G」を併設。画面に映し出されるガンダムのキャラクターと各種のスポーツゲームができる。また、ガンダムのキャラクターが登場するテレビゲームを集めたゲームセンターエリアも設けた。

 ガンダムの版権を持つバンダイナムコグループは、ガンダムをアピールする場として「ガンダムベース」という専門店を展開している。…

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文1205文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集