特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

「日本は難民受け入れを」署名活動の在日ウクライナ人ら訴え

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見でウクライナからの難民の受け入れを訴える在日ウクライナ人のオレクシイさん(右端)、賛同人の温又柔さん(左端)ら=2022年3月3日、和田浩明撮影
記者会見でウクライナからの難民の受け入れを訴える在日ウクライナ人のオレクシイさん(右端)、賛同人の温又柔さん(左端)ら=2022年3月3日、和田浩明撮影

 ロシアの軍事侵攻が続くウクライナから逃れた難民を日本で受け入れるよう求める署名活動の関係者らが3日、東京都内で記者会見した。発起人を務める在日ウクライナ人のオレクシイさんらが、ウクライナ国内の惨状を訴え、日本政府の積極的な対応を求めた。【和田浩明/デジタル報道センター】

難民100万人超「人道的大惨事」

 「殺されたくない、殺したくもない、平和を求めている人たちを受け入れることは社会の向上につながると思います」。オレクシイさんは震える声でそう訴えた。

 日本で大学院を修了し働いているオレクシイさんは、「家族の身の安全」を理由に姓を公表していない。ウクライナの状況について「2000人以上の民間人の命がミサイルやクラスター爆弾などで失われ、難民は90万人以上。これは人道的な大惨事だと思います」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り1110文字(全文1463文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集