「父さんの味」極みへ 最上級近江牛で絶品コロッケ 「お肉のおかだ」要予約 守山 /滋賀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
揚げたての「贅沢の極コロッケ」を掲げる西川展世さん=滋賀県守山市水保町のお肉のおかだで、礒野健一撮影
揚げたての「贅沢の極コロッケ」を掲げる西川展世さん=滋賀県守山市水保町のお肉のおかだで、礒野健一撮影

 守山市水保町の精肉店「お肉のおかだ」が、最上級の近江牛をたっぷり使った新商品「贅沢(ぜいたく)の極(きわみ)コロッケ」(700円)を発売した。「近江牛をもっと気軽に食べてほしい」という願いとともに、新型コロナウイルス禍で売り上げが落ち込む中、「父の味を残したい」との思いを込めた一品となっている。【礒野健一】

 同店は2009年、食肉会社に勤めていた岡田長治さん(73)が、「退職後に自分の店を開きたい」という夢をかなえ開店。長年の経験で目利きした近江牛や、手作り総菜が人気を集めてきた。

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1133文字)

あわせて読みたい

ニュース特集