「駅」計画策定費など計上 大川市が新年度予算案発表 /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 大川市は3日、総額168億円の2022年度一般会計当初予算案を発表した。27年度までの開設を目指す観光拠点施設「大川の駅」計画に関し、造成基本計画策定費など4378万円を計上した。

 歳入は、コロナ不況回復を予想し市税を21年度比2・8%増の36億円計上した。基幹産業である家具の返礼品が好調なふるさと納税も10%増の11億円と見込み、借金にあたる市…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

あわせて読みたい

ニュース特集