特集

入管・難民問題

国外退去処分になった外国人の入国管理施設での扱いが注目を集めています。難⺠に厳しいと言われる日本。人権は守られている︖

特集一覧

ウィシュマさん遺族が国賠提訴 名古屋入管収容中に死亡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 名古屋出入国在留管理局(名古屋入管)=名古屋市=に収容されていたスリランカ人女性、ウィシュマ・サンダマリさん(当時33歳)が2021年3月に死亡したのは、入管が違法な収容を継続し、必要な医療を提供しなかったためだとして、遺族が4日、国に対して慰謝料など約1億5600万円の損害賠償を求め名古屋地裁に提訴した。

 訴えたのは母と妹2人の遺族3人。訴状などによると、ウィシュマさんは21年1月には体調不良を訴え、2月に尿検査で飢餓状態を示す結果が出たが、点滴や入院などの治療がないまま3月6日に死亡。入管は収容に耐えられない健康状態なのに違法な収容を続け、適切な医療措置を講じる義務を怠ったとしている。

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文498文字)

【入管・難民問題】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集