特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

米芸術界に広がるロシアボイコット プーチン批判拒否の歌姫降板

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
 観客におじぎをするアンナ・ネトレプコさん=イタリア・ミラノで2019年12月、AP共同
 観客におじぎをするアンナ・ネトレプコさん=イタリア・ミラノで2019年12月、AP共同

 米芸術界、エンターテインメント業界で、ロシアのプーチン政権を批判しない歌手を公演から外したり、ロシアでの米映画の封切りを中止したりするなど「ロシアボイコット」の動きが広がっている。

 「劇場とオペラにとって大変な芸術的損失」。ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(MET)のピーター・ゲルブ総裁は3日、現代最高峰の歌姫とも称されるアンナ・ネトレプコさんの降板を発表した。

 米メディアによると、ロシア出身でプーチン大統領とも近いとされたネトレプコさんが、劇場側の再三の説得にもかかわらず大統領批判を拒否したのが原因とされる。劇場にとって「ドル箱」歌手を失うのは痛手だが「プーチンが罪のない人々を殺している現状では仕方がなかった」(同総裁)。

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文622文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集