特集

入管・難民問題

国外退去処分になった外国人の入国管理施設での扱いが注目を集めています。難⺠に厳しいと言われる日本。人権は守られている︖

特集一覧

外国人も同じ人間 ウィシュマさん一周忌 真相を求め法要やデモ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 名古屋出入国在留管理局(名古屋市)で亡くなったスリランカ人女性のウィシュマ・サンダマリさん(当時33歳)の一周忌となる6日、ウィシュマさんを追悼する法要やデモが各地であり、改めて真相究明を求めた。

 ウィシュマさんの遺骨が安置された愛知県愛西市の明通寺では法要があり、妹で三女のポールニマさん(27)や関係者ら約50人が参列。ポールニマさんは、ウィシュマさんの死亡が確認された午後3時25分に鎮魂の鐘をついた。シンハラ語と日本語で読経が行われる中、目を閉じて合掌し一心に祈り、遺影に花をささげ、冥福を祈った。

 遺族代理人の指宿昭一弁護士が「姉がまだそこにいるようだ。死亡から1年たったが、まだ真相は明らかになっていない。入管は責任を逃れている。再発を防止してほしい」との、妹で次女のワユミさん(29)のメッセージを代読。遺影を前に、遺族が国に損害賠償を求めて4日に名古屋地裁に提訴したことを報告した。「この裁判は、真相を究明し責任の所在を明らかにすることが目的だ。それを通じて入管を変え、こうした問題を二度と…

この記事は有料記事です。

残り1064文字(全文1518文字)

【入管・難民問題】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集