天文科学館で星空を独り占め ふるさと納税返礼品 兵庫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ふるさと納税制度の返礼品としてプラネタリウムを借り切った佐伯雄太郎さん(後列中央)と知人ら=兵庫県明石市立天文科学館で、大川泰弘撮影
ふるさと納税制度の返礼品としてプラネタリウムを借り切った佐伯雄太郎さん(後列中央)と知人ら=兵庫県明石市立天文科学館で、大川泰弘撮影

 兵庫県明石市立天文科学館で5日夜、ふるさと納税の返礼品としてプラネタリウムの貸し切り投影があった。30万円以上の寄付が必要で、神戸市垂水区出身のシステムエンジニア、佐伯雄太郎さん(25)が母親や同僚ら6人で星空を独占した。貸し切りは2018年11月以来2回目。

 株式投資で利益が出たため初めてふるさと納税をした。子供の頃から何度も来…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集