声をつないで

国際女性デー2022 「勇敢な女性像」固定化懸念 柳原・東京女子大准教授、ウクライナ兵の「語り」SNSに

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
民間人向けの基礎戦闘訓練で、銃を構える若い女性=ウクライナ南部マリウポリで2月13日、AP
民間人向けの基礎戦闘訓練で、銃を構える若い女性=ウクライナ南部マリウポリで2月13日、AP

柳原伸洋・東京女子大准教授

 ロシアから侵攻を受けているウクライナで、国防に参加する女性が後を絶たず、欧米メディアに注目されている。戦争で無視されがちだった女性の「語り」が、なぜ今回はSNS(ネット交流サービス)であふれているのか。戦争史やパブリックヒストリーに詳しい東京女子大の柳原伸洋准教授にその背景を聞いた。【日下部元美】

 ――なぜ多くのウクライナ人女性が国防に参加しているのでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り1314文字(全文1510文字)

あわせて読みたい

ニュース特集