保健体育授業で合気道 「多くのことを学んで」 山口・下関市の中学

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
藏田教諭(中央)と関戸副道場長が披露する演武を見学する生徒(左)=下関市豊北町の市立豊北中で、2022年2月24日午前11時15分、大坪菜々美撮影
藏田教諭(中央)と関戸副道場長が披露する演武を見学する生徒(左)=下関市豊北町の市立豊北中で、2022年2月24日午前11時15分、大坪菜々美撮影

 山口県下関市の市立豊北中学校(全校109人)で合気道を取り入れた授業を実施している。中学校の保健体育授業で武道は1、2年が必修、3年が選択となっているが、柔道や剣道などと違って合気道は珍しく、生徒からは「おもしろい」との声が上がっている。

 同校では、2021年4月に採用された保健体育を受け持つ藏田春瑠…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文381文字)

あわせて読みたい

ニュース特集