特集

藤井聡太 新たな歴史刻む天才

デビューから無敗のまま歴代最多29連勝を記録した藤井聡太。17歳11カ月でタイトルを獲得した「天才」が築く新時代とは。

特集一覧

「宇宙開発は愚か」 ガンダム生みの親、富野由悠季さん

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
富野由悠季氏=2021年7月17日撮影、小田原市提供
富野由悠季氏=2021年7月17日撮影、小田原市提供

 人気アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズの生みの親、アニメーション監督の富野由悠季氏(80)が、毎日新聞などのインタビューに応じた。話題は故郷の神奈川県小田原市にとどまらず、地球の環境問題や教育に及んだ。2021年に傘寿を迎えた巨匠の言葉に、今こそ耳を傾けたい。

小田原の風土が生んだストーリー

 ガンダムは、人類が宇宙進出する時代を描いている。宇宙に建設した植民地(スペースコロニー)が地球連邦に独立戦争を挑み、兵器としてのロボットを操るパイロットたちが巻き込まれていく物語だ。勧善懲悪ではない筋書きには、故郷の風土が全面的に反映されているという。

 「(小田原は)海のものでも山のものでもない、偏りがないところにワールドワイド性があった。だから、作品の中でイデオロギーを持った人をテロ集団にできた。田舎の小さな町だが、住みやすい良いところで、箱根や熱海を背負っている。明治から大正にかけて別荘地帯でもあった。そういう場所だったおかげで僕は過激思想に染まらなくて済み、命拾いをした。(戦時中は)軍需都市だったから焼夷(しょうい)弾も落とされた。それも…

この記事は有料記事です。

残り3014文字(全文3488文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集