特集

大学関連ニュース

全国の大学に関するニュースを集めました。

特集一覧

大学生のアイデアを商品化 桐生の縫製会社、シルク製品を共同開発 /群馬

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
腹巻きを紹介する下山縫製の下山湧司会長(右)と、インナーをPRする並木駿太さん=群馬県桐生市で2022年3月3日、大澤孝二撮影
腹巻きを紹介する下山縫製の下山湧司会長(右)と、インナーをPRする並木駿太さん=群馬県桐生市で2022年3月3日、大澤孝二撮影

 共愛学園前橋国際大の学生による仮想企業「繭美蚕(まゆみさん)」と、桐生市の縫製加工会社「下山縫製」がシルクの腹巻きやタンクトップ型インナーを共同開発した。「群馬のシルク産業を活性化させたい」との学生の思いに同社が応えた形で、12日に同社オンラインショップで発売するほか、イベントなどでの販売も計画している。

 繭美蚕のメンバーはいずれも同大4年の並木駿太さんと堀米康希さん、川田美桜(みさき)さん、川村芽生奈(めいな)さんの4人。シルクが持つ保温性などを生かそうと研究を進め、同社が持つ特殊な加工技術を使って伸縮性や吸湿性の高い腹巻きと、運動に適したタンクトップ型インナーを完成させた。

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文472文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集