災害時も大規模浄水 三田の純水器装置会社が開発 /兵庫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
被災地支援のために開発された浄水装置=兵庫県三田市で、関谷徳撮影
被災地支援のために開発された浄水装置=兵庫県三田市で、関谷徳撮影

 災害発生時に雨水を利用して生活水や飲料水を供給できる大規模な浄水装置を三田市の純水器製造販売会社「仙代テック」が開発した。これまでも東日本大震災の被災地に飲料水を供給してきた同社の長谷川良果社長(40)は「被災地で命を守る水の確保の手伝いができれば」と話す。

 開発した浄水装置は高さ1・3メートル、幅・奥行き各80センチ、重さ100キロ。学校のプー…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

あわせて読みたい

ニュース特集