中世のビール、作れる? 静岡大研究所が復活プロジェクト

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
グルートビールの香り付けに用いるヤチヤナギ。湿地帯を意味する「谷地」に自生するヤマモモ科の植物。抗菌作用があり、スイートゲイルというハーブ名もある=根岸大晟撮影
グルートビールの香り付けに用いるヤチヤナギ。湿地帯を意味する「谷地」に自生するヤマモモ科の植物。抗菌作用があり、スイートゲイルというハーブ名もある=根岸大晟撮影

 中世の欧州で飲まれていたビールを、静岡県産の原料を使って復活させようというプロジェクトが今春スタートする。中心となって推進するのは、静岡大学の学内組織「発酵とサステナブルな地域社会研究所」だ。所長を務める大原志麻・人文社会科学部教授(47)ら、産官学の垣根を越えて参集したプロジェクトの中心メンバーに、復活に取り組んだいきさつや目的、今後の展望などについて尋ねた。【駒沢大・根岸大晟(キャンパる編集部)】

 復活を目指すのは、香り付けに多種多様なハーブを配合した香味料「グルート」を使うビール。現代のビールづくりでは香り付けにホップを使うが、中世の欧州では、グルートビールが主流だった。「グルート」の主原料であるヤチヤナギという植物を北海道から取り寄せて、今年5月から静岡県内で栽培に着手。醸造方法を研究しつつ3~5年かけて収穫し、販売も視野にグルートビールの醸造に取り組むことにしている。

この記事は有料記事です。

残り1672文字(全文2067文字)

あわせて読みたい

ニュース特集