特集

藤井聡太 新たな歴史刻む天才

デビューから無敗のまま歴代最多29連勝を記録した藤井聡太。17歳11カ月でタイトルを獲得した「天才」が築く新時代とは。

特集一覧

「ひふみん、やっぱりすごい」 19歳藤井A級昇級で「歴代1位」脚光

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
加藤一二三九段(左)に勝ち感想戦を終えた後、写真撮影に応じる藤井聡太四段(当時)=東京都渋谷区の東京将棋会館で2016年12月24日午後9時40分、宮間俊樹撮影
加藤一二三九段(左)に勝ち感想戦を終えた後、写真撮影に応じる藤井聡太四段(当時)=東京都渋谷区の東京将棋会館で2016年12月24日午後9時40分、宮間俊樹撮影

 9日、東京と大阪の将棋会館で一斉に行われた第80期名人戦B級1組順位戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催)の最終13回戦で、藤井聡太王将(19)が10勝目を挙げ、同組1位でA級への昇級を決めた。A級は順位戦最高位のクラスで、A級での優勝者が名人への挑戦権を得る。19歳7カ月でのA級昇級決定は、「ひふみん」の愛称で知られ、2017年に引退した加藤一二三九段(82)の18歳1カ月に次ぐ歴代2位の好記録。SNS上では藤井王将を祝福する声とともに、加藤九段の記録にも改めて注目が集まった。

 ツイッターでは「こうやってみるとやっぱりひふみんはすごかたんだなー」「藤井聡太先生が活躍するとひふみんのすごさを思い知らされるみたいなところある」などと称賛する書き込みが相次いだ。また、加藤九段のデビュー当時の異名を引き合いに「神武以来の天才って異名は伊達(だて)やないんやな」と感心する声も上がった。

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文606文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集