中国・全人代閉幕 来年退任の李克強首相、人身売買に「憤り」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見に臨む中国の李克強首相=北京で2022年3月11日、AP
記者会見に臨む中国の李克強首相=北京で2022年3月11日、AP

 中国の全国人民代表大会(全人代=国会)は11日、国防費の増額を盛り込んだ2022年予算案などを採択・承認し、閉幕した。李克強首相は閉幕後のオンライン記者会見で、ウクライナに侵攻したロシアに対する米欧日などの経済制裁について「新型コロナウイルスのために既に困難を抱える世界経済の復興に打撃であり、各国にとって不利だ」と述べ、改めて反対の姿勢を強調した。

 李氏は、22年の経済成長率目標を前年の「6%以上」から引き下げ「5・5%前後」と設定したことについて、「実現は容易ではない」と指摘。減税などによる企業の負担軽減や金融政策、雇用対策などを柱に、対応を強化する考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文831文字)

あわせて読みたい

ニュース特集