名古屋競馬場、73年の歴史に幕 4月8日に弥富に移転オープン

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
現在の場所で行われる名古屋競馬場最後のレースを観戦する競馬ファンら=名古屋市港区で2022年3月11日午後4時32分、兵藤公治撮影
現在の場所で行われる名古屋競馬場最後のレースを観戦する競馬ファンら=名古屋市港区で2022年3月11日午後4時32分、兵藤公治撮影

 老朽化のため愛知県弥富市へ移転する名古屋競馬場(名古屋市港区)が11日、73年間の歴史に幕を閉じた。ファン約3900人が駆けつけ、午後4時半からの最終レースを終えると、大きな拍手がわき起こった。

 1949年に国内4番目の地方競馬場として誕生し、土古(どんこ)という地名から「どんこ競馬」として親しまれてきた。同市熱田区の外川清美さん(73)は「幼い頃から父に連れられてきて以来、何十年と通…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文488文字)

あわせて読みたい

ニュース特集