特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

元東電社員の僧侶 「一生、祈り続ける」 日光・中禅寺

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
被災地の復興を祈り経を唱える畠山さん=栃木県日光市中宮祠の中禅寺で2022年3月11日午後3時3分、渡辺佳奈子撮影
被災地の復興を祈り経を唱える畠山さん=栃木県日光市中宮祠の中禅寺で2022年3月11日午後3時3分、渡辺佳奈子撮影

 東日本大震災の発生から11年を迎えた11日、日光山輪王寺別院・中禅寺(栃木県日光市中宮祠)で犠牲者を追悼する慰霊法要があった。東京電力福島第1原発事故時、同社社員だった僧侶の畠山慈朋(じほう)さん(44)は、「原発事故を起こした会社にいた身として、被害に遭った方々のために一生、祈り続ける」と犠牲者の慰霊と被災地の復興を願い、経文を唱えた。

 畠山さんは2000年に東電に入社。栃木支店などを経て、11年3月11日は本店の広報担当者として、東京の本社ビルにいた。

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文808文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集