特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナ治療にプラズマ乳酸菌、症状改善へ臨床研究 長崎大など

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルス感染症患者を対象とした臨床研究に使われるプラズマ乳酸菌=キリンHD提供
新型コロナウイルス感染症患者を対象とした臨床研究に使われるプラズマ乳酸菌=キリンHD提供

 長崎大とキリンホールディングス(HD)は、免疫効果を高める働きを持つ「プラズマ乳酸菌」を使い、新型コロナウイルス感染症患者の症状改善効果を調べる臨床研究を始めた。年末までに研究結果の解析を終えるよう目指す。

 免疫には、生まれつき備わっており、どんな外敵も直ちに攻撃する「自然免疫」と、ワクチンや感染によって獲得し、特定の病原体を狙い撃ちする「獲得免疫」の2種類がある。中でも自然免疫の司令塔「プラズマサイトイド樹状細胞」(pDC)の働きを活発化させるプラズマ乳酸菌の働きが注目されていて、イン…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文618文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集