南摩ダム定礎式、工事の安全祈願 25年完成予定 鹿沼 /栃木

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
工事関係者らによって搬入される礎石=栃木県鹿沼市上南摩町で2022年3月12日、渡辺佳奈子撮影
工事関係者らによって搬入される礎石=栃木県鹿沼市上南摩町で2022年3月12日、渡辺佳奈子撮影

 鹿沼市上南摩町の思川開発事業(南摩ダム)の建設現場で12日、本格的な工事が始まるのを前に定礎式が開かれた。関係者ら約80人が出席し、工事の安全を祈願した。

 事業は洪水被害の軽減や水道用水の供給などを目的に、1969年に実施計画調査が始まった。民主党政権下で計画見直しとなり一時凍結されたが、2017…

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文356文字)

あわせて読みたい

ニュース特集