触れる高松塚壁画 よみがえる「ぬれ色」 複製陶板7点完成

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
高松塚古墳壁画を精密に再現した東壁女子群像の陶板=奈良県橿原市で11日、大西達也撮影
高松塚古墳壁画を精密に再現した東壁女子群像の陶板=奈良県橿原市で11日、大西達也撮影

 高松塚古墳(奈良県明日香村、7世紀末~8世紀初め)の極彩色壁画の発見から21日で50年を迎えるのを前に、発見当時の姿を原寸大で再現した複製陶板7点が完成し、11日、お披露目された。石室内の高湿度で色彩が鮮やかに見える「ぬれ色」がよみがえったほか、壁面の凹凸まで忠実に再現し、触れることもできる。4月17日まで同県橿原市畝傍町の県立橿原考古学研究所付属…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

あわせて読みたい

ニュース特集