特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

復興拠点、福島・大熊の中心部で整備開始 帰還と移住、促進へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
今春の避難指示解除を目指す特定復興再生拠点区域の整備について話し合う福島県大熊町の吉田淳町長(右)と都市再生機構(UR)の中島正弘理事長=大熊町下野上で2022年3月12日午後0時19分、寺町六花撮影
今春の避難指示解除を目指す特定復興再生拠点区域の整備について話し合う福島県大熊町の吉田淳町長(右)と都市再生機構(UR)の中島正弘理事長=大熊町下野上で2022年3月12日午後0時19分、寺町六花撮影

 今年春の避難指示解除を目指す福島県大熊町の特定復興再生拠点区域(復興拠点)のうち、震災前の町中心部だった下野上地区でインフラなどを整備する基盤工事が始まり、12日、安全祈願祭が開かれた。町はJR大野駅西側を中心に産業・商業施設や住宅を段階的に整備し、帰還と移住の促進を図る。【寺町六花】

 大熊町では帰還困難区域のうち、約860ヘクタールが復興拠点に指定された。町はこのうち、下野上地区(約42ヘクタール)から整備を進め、2024年度以降に施設を随時開所させる。まずは帰還する町内事業者や、廃炉関連企業などが入居する産業交流施設を整備。戸建ての店舗を整備し、震災前にあった個人商店などに出店を呼びかける。

 また、かつて梨畑が広がっていたエリアには産業団地を整える。廃炉従事者用の公営住宅や帰還者・移住者向け住宅も整備。町はこれまで、敷地確保のための用地買収を進めており、都市再生機構(UR)に宅地・工業施設の整備を委託する。

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文771文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集