岸田首相、原発警備の専従部隊強化を検討 参院予算委

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
岸田文雄首相
岸田文雄首相

 岸田文雄首相は14日の参院予算委員会で、ロシアのウクライナ侵攻に関連し、現在は福井県警だけが設置している原発警備の専従部隊について「原発の安全に国民の関心が高まっている今、福井での取り組みを横展開できないか、考えることが重要だ」と述べ、同県以外の原発でも同様の対応を検討する意向を示した。

 福井県内には15基の原発が立地し、同県…

この記事は有料記事です。

残り121文字(全文286文字)

あわせて読みたい

ニュース特集