日本学士院賞などに10人 学術上の優れた業績を顕彰

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
河西春郎東大教授(日本学士院提供)
河西春郎東大教授(日本学士院提供)

 日本学士院は14日、学術上の優れた業績を顕彰する日本学士院賞に9人、自然保護分野の日本学士院エジンバラ公賞に1人の計10人を選んだ。

 学士院賞は、生理学・神経科学の河西春郎東京大教授(65)▽日本経済史の武田晴人東大名誉教授(72)▽有機金属化学の侯召民(こうしょうみん)・理化学研究所主任研究員(60)▽物性物理学の斉藤英治東大教授(50)▽地球物理学・気候学・地球惑星科学の阿部彩子東大教授(58)▽計算論的神経科学の川人(かわと)光男・国際電気通信基礎技術研究所脳情報通信総合研究所長(68)▽光量子電子工学の野田進京都大教授(61)▽農業農村工学・地盤工学の村上章京大理事・副学長(65)▽医学・医理工学の白土博樹北海道大教授(64)。河西氏は恩賜賞も受賞。

 エジンバラ公賞は地球科学の大河内直彦・海洋研究開発機構海洋機能利用部門長(55)。(共同)

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文961文字)

あわせて読みたい

ニュース特集