特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

政府、対露制裁で300品目輸出禁止 半導体など 米欧と歩調合わせ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国会議事堂(手前)と周辺=東京都千代田区で、本社ヘリから佐々木順一撮影
国会議事堂(手前)と周辺=東京都千代田区で、本社ヘリから佐々木順一撮影

 政府は15日、ロシアへの経済制裁として半導体や通信機器など約300品目の物品や技術の輸出を、18日から原則禁止にすると発表した。一般の民生品を含め、ロシアの軍事力につながる物資の提供を止めて打撃を与える狙い。ベラルーシにも同様の対応を取る。貿易規制を強化している主要7カ国(G7)に歩調を合わせ、プーチン政権へのさらなる締め付けを図る。

 既に高性能な半導体などの200品目超の輸出審査を厳格化してきたが、対象を広げ、さらに踏み込んだ対応を取る。ロシアの軍事関連団体への輸出を全面的に禁止することに加え、その他の企業への輸出も禁じて経済制裁の抜け穴をふさぐ。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文593文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集