特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

なぜ大阪のコロナ死者数は突出しているのか 東京とのある「違い」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新型コロナ「第6波」での大阪府と東京都の比較(国や自治体の公開データより)
新型コロナ「第6波」での大阪府と東京都の比較(国や自治体の公開データより)

 新型コロナウイルスの感染「第6波」では、大阪府の死者数が全国的に突出している。その数は2番目の東京都の約1・6倍。一方、感染者数は東京の方が多い。同じ大都市なのに、これほど死者数に差があるのはなぜか。公開データを比較すると、ある大きな違いに突き当たった。

感染者数と死者数の逆転現象

 大阪府が第6波の始まりとする2021年12月17日以降、22年3月13日までのデータで見ると、感染者数は大阪52万6381人、東京73万9886人。しかし死者については、大阪1232人、東京774人と大きく逆転し、感染者に占める死者数(死亡率)も大阪0・23%、東京0・10%と倍以上の差がある。ちなみに全国の死亡率は0・20%だ。

 府が2月26日までの大阪の死者を分析したところ、約97%が60代以上だった。厚生労働省のデータで21年12月15日~22年3月8日の60代以上の感染者を比べると、大阪の6万7900人に対し、東京は7万6458人。しかし、人口10万人当たりの60代以上の感染者数は大阪が768人で、東京(544人)の約1・4倍だった。

 さらにデータ…

この記事は有料記事です。

残り1062文字(全文1536文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集