建築家レーモンドの青図など資料300点超 大阪で90年ぶり発見

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
建築家アントニン・レーモンドの代表作「聖母女学院」(現香里ヌヴェール学院)の倉庫で発見された同校校舎の初期配置を示す青図=香里ヌヴェール学院中学校・高等学校提供
建築家アントニン・レーモンドの代表作「聖母女学院」(現香里ヌヴェール学院)の倉庫で発見された同校校舎の初期配置を示す青図=香里ヌヴェール学院中学校・高等学校提供

 日本のモダニズム建築に大きな影響を与えた建築家アントニン・レーモンド(1888~1976年)。代表作の一つ「聖母女学院」(現香里ヌヴェール学院、大阪府寝屋川市)で、1932年に完成した校舎の青焼き図面(青図)など300点以上の建築資料が見つかった。戦火をくぐり抜け、90年近く眠っていた資料と対面した京都工芸繊維大の松隈洋教授(近代建築史)は「設計図だけでなく、現場と設計事務所のコミュニケーションを示す指示書や電報も見つかり、レーモンド事務所が当時どのように仕事していたのかを読み解く上で第一級の資料」と評価する。

「お宝 よくぞ見つかった」

 レーモンドは旧帝国ホテルなどを設計した巨匠フランク・ロイド・ライトの弟子。21年の独立後に開設した設計事務所では、前川国男らが学んだ。その前川も設計に関わった聖母女学院の校舎は鉄筋コンクリート造りで、32年の完成後、34、37年に増築。戦時下の空白期を経て、戦後も増改築が繰り返され、現在に至る。スパニッシュ風やアールデコ様式を取り入れつつ、37年増築の小体育館(現トレーニングルーム)では装飾性を排したモダニズムを実現するなど多彩な表情が特徴。校舎の一部は97年、国の登録文化財になっている。

 資料群は2回に分けて学校の倉庫で見つかった。…

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文1285文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集