日本サッカー協会、自社ビル「JFAハウス」売却 100億円超か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
売却が決まった日本サッカー協会の所有ビル「JFAハウス」=東京都文京区で2022年3月14日、細谷拓海撮影
売却が決まった日本サッカー協会の所有ビル「JFAハウス」=東京都文京区で2022年3月14日、細谷拓海撮影

 日本サッカー協会は15日の臨時理事会で、東京都文京区に保有するビル「JFAハウス」の売却を決めた。近く三井不動産レジデンシャル(東京都中央区)と売買契約を結ぶ。売却金額は非公表だが、100億円を超えるという。

 協会は昨秋に三井不動産と協定を結び、ビルの活用策などを検討していた。新型コロナウイルスの影響で過去1年の協会職員の平均出勤率は19・5%…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文435文字)

あわせて読みたい

ニュース特集