特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

4兆円超す除染マネーは適正か 元環境省職員が語る巨費投入の理由

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
環境省の初代福島環境再生事務所長を務めた大村卓氏=2022年1月28日午後3時47分、山崎征克撮影
環境省の初代福島環境再生事務所長を務めた大村卓氏=2022年1月28日午後3時47分、山崎征克撮影

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故を受け、国は国や地方自治体、東京電力の責務を示し、除染事業の骨格となる「放射性物質汚染対処特措法」を急ピッチで成立させた。環境省職員として特措法の草案作りに携わり、その後は原発周辺自治体の除染を担う同省福島環境再生事務所(現・福島地方環境事務所)の初代所長を務めた大村卓(たかし)氏(63)に話を聞いた。【聞き手・山崎征克】

この記事は有料記事です。

残り3309文字(全文3491文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集