ふるさと納税業者提訴へ 都農町が5600万円賠償求め /宮崎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ふるさと納税の注文に対応できなくなった事業者代表に対し、損害賠償を求めることを全会一致で可決した都農町議会
ふるさと納税の注文に対応できなくなった事業者代表に対し、損害賠償を求めることを全会一致で可決した都農町議会

 都農町議会は16日、ふるさと納税の大量注文に対応できなくなった町内事業者代表に対し、約5600万円の損害賠償を求めることを全会一致で可決した。町が代わりの事業者に返礼品を委託し、追加経費がかかった。町は今月中にも宮崎地裁に提訴する方針。

 事業者は、寄付額1万円の返礼品として「宮崎牛の赤身肉切落とし計1・5キログラム…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

あわせて読みたい

ニュース特集