特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

「戦争は答えにならぬ」 ロシアの大富豪・オリガルヒ、反戦の声次々

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロシアのプーチン大統領=モスクワで2022年3月18日、AP
ロシアのプーチン大統領=モスクワで2022年3月18日、AP

 ロシアのウクライナ侵攻に対して一部のロシアの大富豪が戦争の早期終結を求め声を上げた。「オリガルヒ」と呼ばれ、政権を支えてきた経営者たちだ。

 最初に反戦を訴えたのは、ロンドンとロシアを行き来し、金融や保険、小売りなどを展開してきたミハイル・フリードマン氏だ。米国や欧州連合(EU)が経済制裁対象としたロシア第4位の金融機関アルファ銀行の会長でもある。資産は155億ドル(約1.8兆円)とも言われている。

この記事は有料記事です。

残り2746文字(全文2947文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集