無念の決勝棄権…高松北ラグビー部にレジェンドがナイスサポート

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ビデオ会議の画面に映る広瀬さんと記念撮影する、高松北元ラグビー部員の6人=高松市サンポートで2022年3月19日午後3時33分、西本紗保美撮影
ビデオ会議の画面に映る広瀬さんと記念撮影する、高松北元ラグビー部員の6人=高松市サンポートで2022年3月19日午後3時33分、西本紗保美撮影

 2021年秋にあった全国高校ラグビーフットボール大会香川県大会決勝への出場を、複数選手のけがにより断念した高松北のラグビー部員を激励するオンラインイベントが、19日に高松市内であった。卒業生らは現役最後の試合を動画で振り返った後、元ラグビー日本代表主将の広瀬俊朗さんとビデオ会議で交流し、憧れの存在に「うれしい」と満面の笑みを浮かべていた。【西本紗保美】

 高松北は21年11月の県大会に補欠無しの15人で挑み、準決勝で坂出工を降したが、その試合中に2選手がけがをし、花園への切符が懸かる決勝を棄権。坂出第一が不戦勝で全国へと進んだ。

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文666文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集