連載

月刊パラリンピック

2020年東京へ向けて、障害者スポーツの祭典を目指す選手たちや特別なルールの競技などを特集します。毎月1回更新。

連載一覧

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 英国、垣根なき報道=越智貴雄

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
2017年にロンドンで開催されたパラ陸上の世界選手権で、特設スタジオから生中継を行ったチャンネル4
2017年にロンドンで開催されたパラ陸上の世界選手権で、特設スタジオから生中継を行ったチャンネル4

 「私の国ではウクライナでの戦争のニュースもそうだが、北京冬季パラリンピックも大きく報道されている。パラリンピックはオリンピックよりも魅力的で素晴らしい!」。仕事を通じて知り合った英国の友人、ウィリアム・ペンライスさんからの電子メールに驚いた。

 新型コロナウイルスによる取材制限などの影響で、今回の北京パラリンピックは現地取材せず、国内で観戦した。日本選手を中心にテレビの生中継もあったが、全体的に選手の情熱や高揚感を伝える放送は少なかった。オリンピックと同様に日本人選手の活躍があっただけに、寂しく物足りなさを感じた。

 今大会のメダル獲得数1位だった開催国の中国(金18個含む計61個)、9位だった日本(同4、7)に比べ、英国は14位(同1、6)だった。それでも、英国はパラ報道に熱心だ。ペンライスさんは「パラリンピックは、人間味のあるストーリーに見る人が共感する。人気の司会者や解説者が丁寧に掘り下げてくれるんだ」と解説する。

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文1074文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集