特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

バイデン氏、日本のロシア対応「非常に強い」と評価 印とは温度差

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
企業経営者らとの会合で演説するバイデン米大統領=ワシントンで2022年3月21日、ロイター
企業経営者らとの会合で演説するバイデン米大統領=ワシントンで2022年3月21日、ロイター

 バイデン米大統領は21日、ウクライナに侵攻しているロシアに対して「日本は非常に強い対応を取っている」と評価した。一方、日米とインド、オーストラリアの4カ国(クアッド)の中で「インドは少しあやふやだ」と指摘。岸田文雄首相が19日に訪印してモディ首相と会談したが、依然としてインドと他の3カ国との間に温度差があることを認めた。

 バイデン氏はワシントンで開かれた企業経営者らとの会合で、ロシアへの対応について「北大西洋条約機構(NATO)や太平洋地域で共同戦線をとれている。クアッドでもインドを除いて、日本が非常に強い対応をとっているし、オーストラリアにも同じことが言える」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り129文字(全文419文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集