特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ウクライナ国民、支援を 出身の倉敷在住者と知事懇談 /岡山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
伊原木隆太知事と懇談するリリヤ・バビィさん(奥)=岡山県庁で
伊原木隆太知事と懇談するリリヤ・バビィさん(奥)=岡山県庁で

 ロシアによるウクライナ侵攻が続く中、ウクライナ出身で倉敷市在住のリリヤ・バビィさん(41)が県庁を訪れ、伊原木隆太知事と面談した。バビィさんは「ウクライナは戦争を望んでいなかった。ロシアに負けず、最後まで戦って復興していくためにも、寄付や支援をお願いします」と訴えた。【戸田紗友莉】

 県などによると、昨年6月時点で県内にウクライナ国籍の人は10人いるという。今後、効果的なウクライナ支援のあり方を検討するため、バビィさんを招いた。

 ウクライナ西部の都市、リビウ出身のバビィさんは日本人男性と結婚し、2003年に来日。介護施設で働いている。ウクライナに残る母親や姉家族とは毎日のように連絡を取り合っているが、刻一刻と変わる情勢に不安を感じているという。

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文670文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集