来年度予算が成立 107兆円、10年連続最大

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 2022年度当初予算は22日の参院本会議で、自民、公明両党と国民民主党などの賛成多数で可決、成立した。戦後、4番目に早い成立。一般会計の総額は107兆5964億円。当初予算としては4年連続で100兆円を超え、10年連続で過去最大を更新した。

 22年度予算は、21年12月に成立した21年度補正予算と一体で編成。高齢化の影響で歳出の3分の1に当たる36兆2735億円を社会保障費が占めた。政府の判断で国会の議決なしに支出できる「新型コロナウイルス対策予…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文566文字)

あわせて読みたい

ニュース特集