特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ロシア国民を直撃する経済制裁 プーチン氏を停戦に追い込めるのか

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロシアでの営業を停止するユニクロの店舗に行列を作る人たち=サンクトペテルブルクで3月10日、AP
ロシアでの営業を停止するユニクロの店舗に行列を作る人たち=サンクトペテルブルクで3月10日、AP

 ウクライナに侵攻したロシアに対する米欧などの経済制裁の影響が、徐々にロシア国内で広がり、庶民の暮らしを脅かしている。ロシアのプーチン大統領は16日、制裁によってロシア経済に痛みが生じる可能性を認めたものの、強気の姿勢は変えていない。制裁は戦争を早期終結に導けるのか。

物価上昇が暮らしを直撃

 砂糖は1キロ当たり52ルーブル(約60円)から2週間で85~90ルーブルに、トイレットペーパーは169~199ルーブルから360~380ルーブルに――。露紙ノーバヤ・ガゼータは17日、第2の都市サンクトペテルブルクなどロシア各地の小売店で商品が値上がりしている様子を伝えた。

 さらなる値上がりを警戒する市民が、穀物類や砂糖などを買い占める動きが起き、…

この記事は有料記事です。

残り2386文字(全文2707文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集