特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ロシア政府系TVのパリ特派員が辞職 「プロパガンダ加担できない」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 ロシアの政府系テレビ「第1チャンネル」のパリ特派員だったジャンナ・アガラコワさんが22日、パリで記者会見し、ロシアのウクライナ侵攻を受けて今月辞職したことを明らかにした。ロシア政府のプロパガンダに加担する仕事を「もう続けることはできない」と述べた。

 アガラコワさんは、ニュース番組「ブレーミャ」のキャスターを務めた後、海外特派員となった。ブレーミャは今月、編集者の女性が生放送中に抗議行動をした番組。

 国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」の本部で会見したアガラコワさんは「ロシア国民にも聞いてほしい」とロシア語とフランス語で発言した。時折、感情の高まりで言葉を詰まらせながら、ロシア政府の見方しか伝えないプロパガンダを「国民に聞き分けられるようになってもらいたい」などと訴えた。

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文556文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集