特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

センバツ甲子園 九国大付と広陵、きょう対戦 監督対談 /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
九国大付 楠城監督 拡大
九国大付 楠城監督

 第94回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)で、九州国際大付は大会第6日の24日、広陵(広島)との2回戦に臨む。両校の監督に相手チームの印象などを対談形式で聞いた。【浅野翔太郎、根本佳奈】

先制点が最重要課題 九国大付 楠城監督/1点勝負、力出し切る 広陵 中井監督

 ――相手の印象は。

 九国大付・楠城徹監督 相変わらず打撃が素晴らしく、攻撃のチーム。投手は高めの速球が印象的だった。

 広陵・中井哲之監督 積極的に振ってくる打者が多いので、ある程度の失点は覚悟しなくてはならない。

 ――警戒する選手は。

 楠城監督 左打者。長打を警戒したい。走者をためないことがどの程度できるかが大事。

広陵 中井監督 拡大
広陵 中井監督

 中井監督 左腕エースの香西(一希)投手。打たせて取るタイプで変化球も多い。ボール球の見極めが大事だ。

 ――相手の対策と練習の重点は。

 楠城監督 初戦は緊張もありほとんどの選手がボール球に手を出して苦戦した。頭を冷やして臨みたい。

 中井監督 初戦では右打者が外角のチェンジアップや直球で打ち取られていた。その改善が大きなテーマだ。

 ――鍵を握る選手は。

 楠城監督 4番佐倉、5番野田に良い形で回して、そこで打点を挙げないと1回戦のように苦戦する。

 中井監督 甘い球は狙われるので、投手の森山(陽一朗)には初戦同様、低めに丁寧に投げてもらいたい。

 ――理想の試合展開は。

 楠城監督 打てないと勝てない。先制点を最重要課題にし、終盤を無失点で抑えられるかが勝負だ。

 中井監督 先取点、中押し、ダメ押しが理想だが、1点勝負になると思う。力を全て出し切りたい。

〔福岡都市圏版〕

あわせて読みたい

ニュース特集