「午後の紅茶」ラベルレス 法施行控え飲料各社次々

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 キリンビバレッジは23日、主力ブランド「午後の紅茶」の無糖商品にラベルがないペットボトルを取り入れると発表した。4月1日には、企業にプラスチックの使用削減を促す「プラスチック資源循環促進法」が施行される。環境保護の機運が高まる中、飲料各社は「ラベルレス」の販売を進めている。

 キリンの商品は箱入りのまとめ買い用で、商品名や原材料は箱に記載。5月24日からネット通販限定で販売する。ラベルをなくしたコーヒー「ファイア…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

あわせて読みたい

ニュース特集