【試合詳細】サッカー日本代表vsオーストラリア テキスト速報 W杯最終予選

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

60秒で自動更新

  • ON
  • OFF
0
オーストラリアオーストラリア
0
前半
0
0
後半
2
2
日本日本
得点者


後半44分

後半45分+4

三笘

三笘


【オーストラリア-日本】=2022年3月24日、AP
【オーストラリア-日本】=2022年3月24日、AP

【試合後のホッとした表情も】写真特集はコチラ

W杯出場決定 豪を破り7大会連続7度目

 サッカー日本代表は24日、シドニーで行われたワールドカップ(W杯)カタール大会のアジア最終予選でオーストラリア代表を破り、7大会連続7度目の本大会出場を決めた。B組の日本は6連勝で7勝2敗の勝ち点21とし、1試合を残してW杯に自動的に出場できる同組2位以内が確定した。

▶2ゴールの三笘「素晴らしいボール来た」

▶吉田、声詰まらせ「ホッとしています」

▶無名の少年、日本代表の救世主に伊東の原点

 前半から押し気味に展開した日本が終盤の2得点で勝ちきった。後半終了間際に、山根の右からの折り返しを途中出場の三笘が蹴り込んで先制。さらに三笘がドリブル突破から追加点を挙げた。守備陣は、オーストラリアに決定機を作られながらも、GK権田を中心に守って零封した。


【試合終了】

後半45分+4 GOOOOOOAL

【日本】敵陣左サイドから三笘が仕掛ける。パス交換から受けて動きをピタッと止める。相手も止まると一気に縦へ。一瞬の動きでDFを引き離すとエリアに進入。マイナス気味に切れ込んで中央へ。DFが寄せられない中そのまま右足シュート!コースは甘かったがGKが止めきれず…ゴールに吸い込まれる。終了間際、勝利を決定づける追加点!

【オーストラリア-日本】=2022年3月24日、AP
【オーストラリア-日本】=2022年3月24日、AP
アディショナルタイムは4分

後半45分

【オーストラリア】ステンスネス→フォラミ

【オーストラリア-日本】=2022年3月24日、AP
【オーストラリア-日本】=2022年3月24日、AP

後半44分 GOOOOOOAL

【日本】エリア右で横パスを半身で守田が受けると縦へスルーパス。山根が抜け出してゴールラインぎりぎりから中央に折り返す。ファーサイドから三笘が中へ走り込んで右足を振り抜く!見事ネットを揺らし、日本が先制!

後半43分

【日本】三笘がドリブルで仕掛ける!左サイドエリア横まで持ち上がったが、DFに詰められ倒される。ノーファウルの判定

後半40分

【日本】ペナルティーエリア右角付近から伊東がニアサイドを狙ったシュート!GKライアンに反応されて、ネットは揺らせられない

後半40分

【日本】敵陣中央右サイドからのFK。伊東がファーサイドへ蹴り込むも、DFにはね返されシュートまでは持ち込めない

後半39分

【日本】南野→三笘、田中→原口

【オーストラリア】ボイル→マクラーレン

後半38分

【オーストラリア】右CK。フルスティッチのインスイングのボールは中央でクリアされる

後半35分

【日本】右サイドから伊東が中に入って裏へスルーパス。抜け出した守田がエリア右からマイナスのボールを中央へ。南野が合わせたが、DFにブロックされてしまう。きれいな崩しを見せた日本だったが、得点は奪えず

後半34分

【オーストラリア】敵陣右サイドからラフにゴール前へ蹴り込む。GK権田が落ち着いてキャッチ

後半32分

【日本】上田がペナルティーエリア右横から強引にグラウンダーのクロス。これはDFにはね返される

後半29分

【日本】敵陣左サイドから中山がゴール前をよく見て左足で好クロス。しかし、上田、南野は押し込められず

後半24分

【日本】ペナルティーアーク左でボールを受けた上田。すぐさま右足でシュートを放つ!湘南戦でのゴールを彷彿とさせるシーン。惜しくもゴール右へ外れる

後半24分

【オーストラリア】マビル→ティリオ、デューク→フォルナロリ

後半22分

【日本】田中がペナルティーエリア左角付近でボールをキープすると、タメを作ってショートパス。攻め上がった中山がエリア横からクロスを送るも、これはDFに阻まれる

後半18分

【日本】浅野→上田、長友→中山

後半16分

【日本】ペナルティーエリア中央から浅野が左足シュート!力のないボールは、GKライアンにセーブされる

後半15分

【オーストラリア】デュークが自陣でボールキープを試みるも、3人に囲まれてボールを失う

遠藤と接触したマビルがピッチに倒れ込む。ケアを受けて再開

後半12分

【日本】敵陣右サイドから山根が中へ切り返して左足でゴール前へ蹴り込む。裏へのボールはGKライアンが反応してキャッチ

後半9分

【オーストラリア】ステンスネスにイエローカード

後半9分

【日本】敵陣でボールを回して攻撃の機会をうかがう。右サイドからのクロスは逆サイドに流れて味方にはつながらない

後半3分

【オーストラリア】ペナルティーアーク付近でデュークが落とすと、フルスティッチが左足シュート!わずかにゴール右に外れる

後半1分

【オーストラリア】敵陣中央でFK獲得。やや遠い位置からフルスティッチが直接狙う。強烈なシュートは枠内へ。GK権田がセーブ

【後半開始】

【オーストラリア】メトカルフ→ジェゴ


【オーストラリア―日本】相手選手と競り合う田中(中央)=2022年3月24日、AP
【オーストラリア―日本】相手選手と競り合う田中(中央)=2022年3月24日、AP

【前半終了】

アディショナルタイムは1分

前半45分

【日本】最終ラインから前線へロングボール。浅野が走り込んだが、そのまま相手GKにわたってしまう

前半39分

【オーストラリア】フルスティッチが右サイドからアーリークロス。デュークが頭で合わせたが、GK権田にセーブされる

前半37分

【日本】ロングボールに長友が反応。うまく体を入れ替えて左サイドを突破すると、エリア左に進入。自らシュートではなくマイナスのパスを選択。南野のシュートは、またもバーに阻まれる

前半35分

【オーストラリア】敵陣中央からメトカルフがグラウンダーのミドルシュート!ゴール前密集の中でデュークが触ってコースを変える。GK権田は動けず…しかし、わずかにゴール左に外れる

前半34分

【日本】ペナルティーエリア手前右から伊東がシュートを放つ。しかし、DFにブロックされてしまう

前半31分

【日本】敵陣右サイド高い位置から伊東がクロス。南野がやや下がりながらも頭で合わせる。ボールはゴール右上のクロスバー直撃…惜しくもネットは揺らせず

【オーストラリア-日本】=2022年3月24日、AP
【オーストラリア-日本】=2022年3月24日、AP

前半28分

【日本】中央から右へ展開。張っていた伊東に渡ると、田中がエリア右のスペースへ走り込む。パスを受けた田中は中央へクロス。DFに当たったボールは南野へつながる。エリア右から数回切り返してシュート!惜しくもゴール左に外れる

前半25分

【オーストラリア】左CK。ボイルがインスイングのボールを蹴り込む。山根の頭に当たってゴールラインを割ったが、競り合いの中でファウルがあったとしてノーゴールに

前半23分

【日本】自陣でボールを持った遠藤が浮き球で裏を狙ったスルーパス。浅野が抜け出したが、オフサイドの判定

前半20分

【オーストラリア】右CK。フルスティッチがインスイングの鋭いボールを蹴り込む。ニアサイドへのボールははね返される

前半19分

【日本】ペナルティーエリア左角から南野がスルーパス。オーバーラップした長友が左足でクロスを送るも、GKライアンが反応。伸ばした片手に阻まれてしまう

前半16分

【日本】敵陣右サイド高い位置から伊東が中に入ってショートパス。攻め上がった山根がキープして中央へ送ったが、味方にはつながらない

【オーストラリア-日本】=2022年3月24日、AP
【オーストラリア-日本】=2022年3月24日、AP

前半15分

【オーストラリア】メトカルフにイエローカード

前半14分

【オーストラリア】右CK。インスイングのボールを蹴り込むも、DF吉田にはね返される

前半12分

【日本】敵陣で田中がインターセプトからすぐさま縦パス。反応した浅野がペナルティーアーク付近からシュートを放ったが、DFに寄せられ枠をとらえられない

前半10分

【日本】長友にイエローカード

前半9分

【日本】ロングボールに抜け出した浅野が敵陣左サイドでボールを受けると、ペナルティーエリア左でタメを作って中央へマイナスのパス。味方のシュートはうまくミートできず…ルーズボールに伊東が反応したがオフサイドの判定

前半6分

【日本】敵陣でボール奪取。つないで浅野にわたるとペナルティーアーク付近でゴールに迫る。しかし、シュートまでは持ち込めない

前半4分

【日本】最終ラインからシンプルに前線へロングボールを供給。浅野が走り込んだが、DFが対応

前半3分

【日本】自陣中央からパスをつないで右サイドへ展開。伊東がグラウンダーのクロスを蹴り込むも、DFにブロックされる

前半1分

【日本】敵陣右サイドから鋭いクロス。中央で南野が巧みなトラップから右足を振り抜く!しかし、シュートはGKライアンの守備範囲内

【試合開始】

日本のボールでキックオフ


【オーストラリア-日本】=2022年3月24日、AP
【オーストラリア-日本】=2022年3月24日、AP

【試合前】

大粒の雨が降るシドニー。両チームの選手たちがピッチに登場した。日本のキャプテンマークは吉田が巻く。けがで離脱した大迫の代わりに浅野が起用された。ベンチには上田や三笘、久保ら東京五輪世代が控える。勝てばW杯出場が決まり、負ければ自力での予選突破が消える「大一番」がまもなく始まる。



日本のスタメン

[GK]権田修一

[DF]長友佑都、板倉滉、吉田麻也、山根視来

[MF]遠藤航、守田英正、田中碧、南野拓実、伊東純也

[FW]浅野拓磨


本大会出場へ 豪州戦「勝ちにいく」

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選B組の日本は24日午後8時10分(日本時間同6時10分)、敵地シドニーで第9戦のオーストラリア戦に臨む。ここまで6勝2敗、勝ち点18でB組2位の日本は、同15で3位のオーストラリアに勝てば7大会連続7度目の本大会出場が決まる。

 23日に記者会見した日本の森保一監督は「良い準備ができている。まずは勝ちにいくことを全力で、アグレッシブに勝利をつかみ取りにいきたい」と語った。

▶伊東純也 遅咲きのプラチナ世代FWが輝くワケ

▶盛り上がり欠く代表戦、行き場失う「中間層」

不安乗り越えて

 勝てばW杯出場が決まり、負ければ自力での予選突破が消える大一番。オーストラリアは直近2度のW杯出場を決めた時の験の良い相手だが、森保監督が「データが勝たせてくれるわけではない」と語る通り、決して楽観はできない。

 日本は昨年10月のオーストラリア戦で新たなシステムの4―3―3を採用した。中盤3人の流動的な動きが攻守にリズムを生み、2―1で勝った。崖っぷちでの戦術変更が奏功したが、今回は相手も十分に研究しているだろう。遠藤航(シュツットガルト)は「立ち位置などを選手一人一人が判断し、相手のやり方も見ながら変えられれば理想」と気を引き締める。

 前線で起点となれる大迫(神戸)の不在や試合当日の雨予報も気がかりだ。ピッチがぬかるめば速いテンポでパスをつなぐ日本の良さは出せず、逆に身長の高い選手を生かしたパワープレーもできる相手にペースを握られかねない。

 ただオーストラリアも万全とは言いがたい。新型コロナウイルス感染やけがなどが相次いで主力が離脱。とりわけ前回の日本戦でも先発したアーバイン、ロギッチ、ムーイがそろって欠場するのは痛手だろう。

 主将の吉田(サンプドリア)は言う。「0―0のまま進めばプレッシャーを感じるのは相手。賢くいかなければいけない。早い段階で失点して苦しい立場に追い込まれないようコントロールしたい」。主力不在、相手の研究、天候――。さまざまな不安要素を乗り越えてこそ、W杯出場権に手が届く。【細谷拓海】


▽日本代表招集メンバー

選手名 所属
GK
川島永嗣 ストラスブール
権田修一 清水
シュミット・ダニエル シントトロイデン
谷晃生 湘南
DF
長友佑都 FC東京
吉田麻也 サンプドリア
佐々木翔 広島
谷口彰悟 川崎
山根視来 川崎
植田直通 ニーム
板倉滉 シャルケ
中山雄太 ズウォレ
中谷進之介 名古屋
MF/FW
原口元気 ウニオン・ベルリン
柴崎岳 レガネス
遠藤航 シュツットガルト
伊東純也 ゲンク
浅野拓磨 ボーフム
南野拓実 リバプール
守田英正 サンタクララ
三笘薫 サンジロワーズ
旗手怜央 セルティック
上田綺世 鹿島
田中碧 デュッセルドルフ
久保建英 マジョルカ
林大地 シントトロイデン

【Road to Qatar】最終予選の激闘

【第8戦】首位サウジを撃破

【日本-サウジアラビア】前半、先制ゴールを決めて喜ぶ南野拓実(左)=埼玉スタジアムで2022年2月1日、宮武祐希撮影
【日本-サウジアラビア】前半、先制ゴールを決めて喜ぶ南野拓実(左)=埼玉スタジアムで2022年2月1日、宮武祐希撮影

 日本は右サイドを起点に攻め続け、宿敵サウジアラビアを降した。前半32分、縦パスに反応した伊東が相手DFを置き去りにして右クロス。大迫がスルーしたボールを南野が蹴り込んで先制した。後半5分には伊東が強烈なミドルシュートを放って追加点を挙げた。日本は遠藤航を中心に中盤の激しい競り合いを制し、サウジアラビアに決定機を作らせなかった。

右サイド起点、攻め続けた森保J


【第7戦】伊東けん引、日本完勝

中国戦の後半、チーム2点目のゴールを決めて喜ぶ伊東純也(中央)。左は前田大然=埼玉スタジアムで2022年1月27日、宮武祐希撮影
中国戦の後半、チーム2点目のゴールを決めて喜ぶ伊東純也(中央)。左は前田大然=埼玉スタジアムで2022年1月27日、宮武祐希撮影

 日本が序盤からボールを保持し、危なげなく勝利した。前半、伊東の鋭い右クロスが相手のハンドを誘ってPKを獲得。大迫が右隅に決めて先制した。その後は引いて守りを固める中国に手を焼く時間が続いたが、後半、途中出場した中山の左クロスを伊東が頭で合わせて追加点。日本はセンターバックの谷口、板倉を中心に冷静に守って逃げ切った。

輝いた伊東の決定力 中国戦を振り返る


【第6戦】代表デビュー三笘 勝利に導くアシスト

【オマーン-日本】クロスを上げる三笘薫=2021年11月16日、AP
【オマーン-日本】クロスを上げる三笘薫=2021年11月16日、AP

 日本は前半からボールを保持して優勢に進めるも、守備を固めるオマーンから決定機を作れなかった。後半開始から代表戦初出場の三笘が得意のドリブルで好機を作り、同36分に三笘の左クロスを伊東が押し込み決勝点を挙げた。

オマーンに雪辱 21年ラストマッチを詳報で


【第5戦】1-0辛勝 描けぬ「型」

【ベトナム-日本】先制ゴールを決めて祝福を受ける伊東純也(左から2番目)=2021年11月11日、AP
【ベトナム-日本】先制ゴールを決めて祝福を受ける伊東純也(左から2番目)=2021年11月11日、AP

 日本が人数をかけて守るベトナムから1点を挙げ、逃げ切った。前半17分、大迫のパスに抜け出した南野の左クロスを、伊東が左足で押し込み先制。その後、カウンターから伊東が放ったシュートはオフサイド判定となった。後半は途中出場の浅野や柴崎らがゴールに迫るも、追加点を奪えなかった。

セットプレーは不発…ベトナム戦を振り返る


【日本-オーストラリア】後半、オウンゴールで勝ち越し、喜び合う浅野(中央)ら選手たち=埼玉スタジアムで2021年10月12日、宮武祐希撮影
【日本-オーストラリア】後半、オウンゴールで勝ち越し、喜び合う浅野(中央)ら選手たち=埼玉スタジアムで2021年10月12日、宮武祐希撮影

【第4戦】希望つなぐ1勝 豪州に劇的勝利

 日本は高い連動性を示して競り勝った。前半8分、南野のクロスを受けた田中が右足で先制点。後半24分に直接FKを決められたが、同41分、途中出場のFW浅野が放ったシュートがオウンゴールを誘い、勝ち越した。

歓声を力に…もぎ取った勝ち点3 豪州戦を振り返る


【サウジアラビア―日本】試合に敗れて悔しそうな表情を見せる日本代表の選手たち=ロイター
【サウジアラビア―日本】試合に敗れて悔しそうな表情を見せる日本代表の選手たち=ロイター

【第3戦】痛恨2敗目 W杯へ早くも崖っぷち

 日本はミスを突かれて敗れた。両サイドを起点に攻めるサウジアラビアの攻撃を食い止めていたが、後半26分、柴崎から吉田へのバックパスを相手のブリカンに奪われ、ドリブルで持ち込まれて左足で先制された。攻撃は前半、大迫のシュートが相手GKの好守に阻まれるなど好機を生かせず、終盤も交代で入った古橋の惜しいシュートはあったが、実らなかった。

パスミスきっかけに…サウジ戦を振り返る


【中国―日本】=ロイター
【中国―日本】=ロイター

【第2戦】エースが決めた 中国降し初勝利

 日本はボールを支配し、守備を固める中国を一方的に攻め立てた。最終予選で初先発したMF久保建英(マジョルカ)がポスト直撃のシュートを放つなどゴールに迫り、前半40分に素早い展開からMF伊東純也(ゲンク)の右クロスに大迫が右足で合わせて先制した。

 後半も優勢に試合を進め、追加点は奪えなかったが、守備陣はカウンター狙いの中国に決定機を作らせず、そのまま逃げ切った。

狙い通りの決勝点 中国戦を振り返る


【日本-オマーン】オマーンに敗れ、喜ぶ相手選手を見つめる堂安(左から2人目)と久保建(左端)=滝川大貴撮影
【日本-オマーン】オマーンに敗れ、喜ぶ相手選手を見つめる堂安(左から2人目)と久保建(左端)=滝川大貴撮影

【初戦】オマーンにまさかの黒星

 日本は終盤に失点して敗れた。縦に速いオマーンの攻撃に苦しみ、後半終了間際に自陣左サイドからのクロスに合わされゴールを許した。攻撃は前半に伊東の惜しいシュートがあったが得点を奪えず、後半は古橋、久保建、堂安を投入したが、中央を固める相手の守りを崩せなかった。

▶仲間の距離感にズレ…オマーン戦を振り返る


"最強"五輪世代、メダル届かず

【日本-メキシコ】メキシコに敗れて号泣する久保建英(手前)=埼玉スタジアムで2021年8月6日、宮武祐希撮影
【日本-メキシコ】メキシコに敗れて号泣する久保建英(手前)=埼玉スタジアムで2021年8月6日、宮武祐希撮影

▶メダルまであと一歩…五輪メキシコ戦を振り返る


古巣への愛着より環境重視? 海外組J復帰に新潮流

東大サッカー部が異例のオファー 元Jリーガーの挑戦

あわせて読みたい

ニュース特集