熊本・川辺川 ダム完成、35年度目標 本体着工は27年度

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 2020年7月の九州豪雨で氾濫した熊本県の球磨川の支流・川辺川に治水対策として建設する新たなダムについて、国が35年度の完成を目指していることが24日、関係者への取材で判明した。新たなダムの建設スケジュールが明らかとなるのは初めて。

 関係者によると、22年度から5年かけて環境影響評価(アセスメント…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文351文字)

あわせて読みたい

ニュース特集