しまなみ海道にシェアバイク登場 「ウサギの島」へも楽々

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
電動アシスト付きのシェアバイクを示す村上あらし社長。看板のQRコードからアプリをダウンロードし、3分間で借りることができる=今治市上浦町井口の道の駅多々羅しまなみ公園で2022年3月25日、松倉展人撮影
電動アシスト付きのシェアバイクを示す村上あらし社長。看板のQRコードからアプリをダウンロードし、3分間で借りることができる=今治市上浦町井口の道の駅多々羅しまなみ公園で2022年3月25日、松倉展人撮影

 瀬戸内しまなみ海道のほぼ中央にある愛媛県今治市・大三島でサイクリスト向けタクシー、海上タクシーやコテージなどを運営する「WAKKA(株式会社わっか)」は、電動アシスト付きのスポーツタイプ自転車を使う「しまなみシェアバイク」を始めた。大三島と、隣接する同市・伯方島の五つの「ポート」で自転車を借り、好きなポートで返す。「ウサギの島」として知られる大久野(おおくの)島(広島県竹原市)、大三島の大山祇(おおやまづみ)神社など、好みのスポットを縦横に楽しむことができる。

 貸し出し・返却の「ポート」は①道の駅「多々羅しまなみ公園」②盛(さかり)港③道の駅「しまなみの駅御島(みしま)」④宗方(むなかた)港(以上大三島)⑤伯方・木浦(きのうら)港(伯方島)。ポートの看板にあるQRコードからアプリ(日本語、英語)をインストールし、3分間で予約可能に。アプリが示す暗証番号で自転車を解錠し、返却予定のポートを指定して利用を始める。利用後は自分で施錠して完了する。料金は15分…

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文988文字)

あわせて読みたい

ニュース特集