特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

福島第1原発、廃炉なのに建設ラッシュ 7年半ぶりの現地の変貌

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京電力福島第1原発の2号機の南側で作業する関係者ら=2022年2月26日午後1時18分、西夏生撮影
東京電力福島第1原発の2号機の南側で作業する関係者ら=2022年2月26日午後1時18分、西夏生撮影

 東京電力福島第1原発は、東日本大震災に伴う事故から11年経過した今も、敷地内でさまざまな施設が建設され、次々と完成している。記者は先月、7年半ぶりに現地取材の機会を得た。廃炉に向かっているのに、なぜ建設ラッシュが続いているのか。現状を報告する。

 取材に訪れたのは2月26日。前回は放射線量が高く、バスの中から見る形でしか取材できなかったが、今回は事故を起こした1~4号機の原子炉建屋近くの屋外でも取材ができた。事故で飛散した放射性物質の除染が進み、構内の96%は通常の作業服で歩けるようになったという。廃炉作業は前進しているようだ。

 だが、事故で溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)を冷やすために投入される水や建屋内に流れ込んだ地下水、雨水から汚染水が生じ、これを基準値以下の放射性物質濃度になるよう処理した水(処理水)を保管するタンクは増え続けている。他にも以前は無かったさまざまな施設が新たにできていた。

この記事は有料記事です。

残り1448文字(全文1850文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集