金属労組、連合会長に抗議文 「話し合いなくスト」発言撤回求め

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
連合の芳野友子会長
連合の芳野友子会長

 金属機械の製造業などでつくる労組のJMITU(日本金属製造情報通信労働組合)は29日、連合の芳野友子会長に抗議文を送ったことを明らかにした。JMITUにかつて所属した労組について芳野氏が「なんの話し合いもなくストをする」と述べた内容は事実に反するとして撤回を求めている。JMITUは全労連に所属している。

 JMITUの三木陵一委員長によると、問題の発言は3月25日付の週刊朝日に掲載されたインタビュー。芳野会長が所属するミシンメーカー・JUKIでの組合活動に触れた中で、少数派の別の組合と対立があったかと聞かれ、「時限ストライキもしていた。何の話し合いもなくストをする」などと答えていた。

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文561文字)

あわせて読みたい

ニュース特集