イスラエルでアラブ人によるテロ頻発 8日間で11人死亡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
テロ事件の現場付近で警戒に当たる警察官=イスラエル中部テルアビブ近郊で29日、ロイター
テロ事件の現場付近で警戒に当たる警察官=イスラエル中部テルアビブ近郊で29日、ロイター

 イスラエルの商都テルアビブ近郊で29日夜、パレスチナ人(アラブ人)によるテロ事件があり、5人が殺害された。イスラエルでは過去8日間でアラブ人が3件のテロを起こし、市民ら11人が死亡。イスラム教徒の宗教心が高まる断食月(ラマダン)を今週末に控える中、緊張が高まっている。

 29日の事件は午後8時ごろ発生。イスラエルが占領するヨルダン川西岸ジェニン近郊に住む男(26)が、テルアビブ近郊の路上などで無差別に銃撃し、警察官を含む5人を殺害した。男は警察に射殺された。2013年に武器密輸などの罪で服役していたという。

 テロ事件は22、27日に続き3件目。22日は南部ベエルシェバで過激派組織「イスラム国」(IS)の支持者とみられる男がナイフで市民を襲撃し、4人が死亡。27日はイスラエルでアラブ諸国などとの外相会合が開かれている中、北部ハデラでISの支持者の男2人が銃撃事件を起こし、警察官2人が死亡した。

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文687文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集