特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

トップランナー田母神さん、古里で小学生クラブ設立「福島を活性化」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
雪の中、子どもたちとタグラグビーを楽しむ田母神一喜さん(右)=福島県鏡石町鳥見山陸上競技場で2021年12月18日午前9時37分、磯貝映奈撮影
雪の中、子どもたちとタグラグビーを楽しむ田母神一喜さん(右)=福島県鏡石町鳥見山陸上競技場で2021年12月18日午前9時37分、磯貝映奈撮影

 スポーツで福島県を盛り上げようと、郡山市出身の中距離ランナー、田母神一喜さん(24)が奮闘している。2021年6月の日本陸上競技選手権大会男子800メートルを制した実力者で、昨夏には練習拠点を古里に移した。子ども向け陸上教室を開き、今年2月には陸上大会の企画・運営会社を設立。4月には小学生のクラブチームを発足する。「1人でも多くの人にスポーツの楽しさを広めたい」。競技者とは別の新たな夢を描いている。【磯貝映奈】

 県内各地で大雪が降った昨年末。田母神さんは一面真っ白になった鏡石町の陸上競技場で、小学生~高校生と一緒に重たいボールを使ったタグラグビーをしていた。筋力に程良い負荷をかけ、楽しみながら足を鍛えるトレーニングだ。娘と参加した父親は「国内トップクラスの人が丁寧に教えてくれる時間は、お金に換えられない価値がある」と話した。

この記事は有料記事です。

残り1696文字(全文2064文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集